タグ:アジサイ

アジサイ(紫陽花)

【じめじめとした梅雨が嫌いという方。是非アジサイを植えてみてください】


梅雨時期のお庭を美しく彩ってくれる、アジサイ。

その魅力は、何と言っても美しい花

鬱陶しい梅雨もアジサイを見るだけで、その日の気分を上げてくれることでしょう。


ひとえにアジサイといっても、花の形や色など複数の品種に分かれます。その中には、洋風はもちろんのこと、雑木のお庭にぴったりの品種もあります。

そしてアジサイは育て方もとても簡単なのです。

是非、お庭に魅力満載なアジサイをひとつ添えてみてはいかがでしょうか。

きっと毎年素敵な6月を迎えることができるはずです。

アジサイの種類と見分け方

詳しく見る
アジサイは、大きく分けると3種類の形に分類されます。

共通する特徴として、青系の花は土壌のPHによって変化し、赤から青への変化を楽しむことができます。

「ホンアジサイ(アジサイ・セイヨウアジサイ)」・・・
いわゆる定番のアジサイで、てまり型の大きな花が特徴です。ホンアジサイ、西洋アジサイなどあるが、総称してアジサイと呼ばれる。

「ガクアジサイ」・・・
花びらが丸く並んだような形のアジサイ。この花びらのようなものが、実はガクで真ん中の細かいのが花びらの為、ガクアジサイと呼ばれる。

「ヤマアジサイ」・・・
ガクアジサイと同じガク咲きで、ガクが少ない。華美さがなく雑木のお庭によくマッチする。土壌環境や気候などで花形が変わる楽しみがある。

1分でわかるアジサイの育て方

アジサイは、初心者でも安心して育てることが可能です。

まず、植え付けから3年程度は、何もしなくても問題ありません。

青系の花は、植え付けた土のPHによって、青~紫に色が変わります。

アジサイの管理方法

アジサイの管理は、そのほとんどが剪定のみといえます。

剪定も難しいことはなく、「大きくなった株を切り詰めるだけ」です。

3年ほど経つと、株が大きくなって剪定の必要が出てきます。

アジサイの株が大きく育ってきたら、お好みの大きさに切り詰めるようにします。

切り詰める時期は、花が終わってから7月の末まで。
剪定のポイントは、2つ。

「株が扇形になる」ように「好きな場所で切る」

たったそれだけです。

もし、かなり切り詰めてコンパクトにしたい場合は、11月末に行うようにします。

花をつけやすくする剪定

剪定によって、翌年たくさん花をつけさせることも可能です。

この場合のポイントは3つ。
・その年、花をつけた枝(茎)は、翌年花を咲かせないので、大きく切り詰めるか適度な場所で切る。
・その年、花をつけなかった枝は、翌年花をつけるので、切らないか、2~3節下で切る。その際、脇芽のあるところで切る。
・剪定は7月末までに行う。

難しいようですが、やってみたらとても簡単!ぜひチャレンジしてみてください。

自分で剪定した植物は、愛着がわくこと間違いなしです。

おすすめのアジサイ(紫陽花)

植木
もっと見る
苗木
コニファー
生垣
中木・低木
グランドカバー(下草)
果樹
もっと見る
資材
営業日カレンダー
2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

日/祝/定休日

2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

日/祝/定休日

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

日/祝/定休日

2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日/祝/定休日

2021年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

日/祝/定休日