苗木の状態
苗木の状態
苗木のイメージ
苗木のイメージ
苗木の植え付け方
苗木の植え付け方

【柑橘苗木】【2年生苗】とげなしレモン 高さ70cm~1.0m程度
商品番号 kajyu-lemon-togenasi-s

代金引換不可
2,420 円 (税込)
送料 同梱包可能
ログイン すると永続してお気に入りに登録できます
お気に入りに登録

※樹高は根鉢を含まない高さです。測り方や成長により多少の誤差がある場合があります。
お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。
※こちらの商品は6ヵ月枯れ保証対象外です。

次回10月頃入荷予定

この商品をシェアする


特徴
とげなしレモンは家庭菜園に適した品種で、その名の通り「とげ」がありません。通常のレモンはトゲがとても鋭く、けがをすることもありますが、とげなしであればその問題もありません。1本で結実し、食味も普段食べているレモンと遜色ありません。レモンの家庭菜園で一番選ばれている品種と言えます。
※幼木には1~2cmのとげがつくことがあり、配送した苗にとげがついていることがあります。しかし、大きくなるごとに目立たなくなります。

収穫時期
10月∼3月頃

収穫までの目安
2∼3年位

必要な受粉樹
必要ない 1本で結実する

実の大きさ
120g前後

糖度
-

木の最終樹高
お好みの大きさに切り詰める事が可能です。

栄養価・効能
ビタミンC、β-クリプトキサンチン 風邪予防、動脈硬化・脳梗塞予防、美肌効果、鉄の吸収促進、発がん性抑制が期待できる。

果実の用途
生食、ジュース、料理など

栽培適地
関東∼九州

育てやすさ
育てやすい

美味しい柑橘を作るポイント
  • 日当たりの良い場所に植える
  • 寒冷地では、室内やハウス内での管理が必要。
  • 病害虫の影響はあまりない。。
  • 初心者でも簡単に育てられます。
  • 摘果は、20∼25葉に1つを目安とする。



地域別の配送料は下記の表(送料表を見る)をご確認ください。
お届けは 地域別に曜日が異なります
配達地域:南東北・関東・甲信越・中部・北陸
お届け曜日:日・水・木・土
配達地域:北海道・北東北・近畿・中国・四国・九州
お届け曜日:日・月・木・金

同梱包可能数:
2∼4ポット程度
※季節により最大梱包数が変わります。お問い合わせ下さい。

送料表を見る
地域 送料
北海道 北海道 2,537 円
東北 青森県 2,200 円
岩手県 2,200 円
宮城県 2,091 円
秋田県 2,200 円
山形県 2,091 円
福島県 2,091 円
関東 茨城県 2,091 円
栃木県 2,091 円
群馬県 2,091 円
埼玉県 2,091 円
千葉県 2,091 円
東京都 2,091 円
神奈川県 2,091 円
中部 新潟県 2,091 円
富山県 2,091 円
石川県 2,091 円
福井県 2,091 円
山梨県 2,091 円
長野県 2,091 円
岐阜県 2,091 円
静岡県 2,091 円
愛知県 2,091 円
近畿 三重県 2,091 円
滋賀県 2,200 円
京都府 2,200 円
大阪府 2,200 円
兵庫県 2,200 円
奈良県 2,200 円
和歌山県 2,200 円
中国 鳥取県 2,319 円
島根県 2,319 円
岡山県 2,319 円
広島県 2,319 円
山口県 2,319 円
四国 徳島県 2,319 円
香川県 2,319 円
愛媛県 2,319 円
高知県 2,319 円
九州 福岡県 2,537 円
佐賀県 2,537 円
長崎県 2,537 円
熊本県 2,537 円
大分県 2,537 円
宮崎県 2,537 円
鹿児島県 2,537 円
沖縄 沖縄県 10,000 円

植え付け環境
  • 必ず日当たりの良い場所に植える
  • 肥沃で保水性と通気性のある土が望ましい
  • 果樹に最適なグリロケの土「優」をお庭の土と混ぜて使用するのも効果的です。

肥料
3月、6月と10月に有機肥料か、化成肥料 チッソ:リン酸:カリ比率が8:8:8のものを与える。

支柱の仕方
  • ブドウはつる性の植物ですので、支柱やアーチ、ブドウ棚などが必要となります。はじめは園芸店のアサガオを育てるような支柱でもOKです。
  • まずは、植え付け後はしばらく放任し、新しく出てきた枝の中で、将来の主幹となるような良いものを1本選びます。

病害虫
特に注意すべき病害虫はありませんが、様子をよく観察し、発見次第対処するようにします。

水やり
  • 地植えは、植え付け時によく水極めをし、あとは雨に任せてよい。
  • 植え付け1年目の春から秋で雨が少ない場合、土の表面から3cm下まで乾いていたときは、バケツ1杯程度の分量の水をしみこませるようにゆっくり与える。
  • 鉢植えの場合、基本毎日、鉢の下から水が染み出るまで与える必要がある。

剪定
剪定は3月頃に行います。込み合った枝を間引く程度で構いません。伸びすぎた枝は大きく切り詰めることも可能です。

摘果
着果数が多すぎる場合には摘果をします。目安は20∼25葉に1果で、時期は7月中旬∼8月中旬です。


他にもこんな商品が買われています