苗の状態
苗の状態
生長後の様子
生長後の様子
冬の様子
冬の様子
苗木の植え方
苗木の植え方

ベルノニア アイアンバタフライ 樹高15cm程度 
商品番号 vernonia-iron-Butterfly

代金引換不可
1,364 円 (税込)
送料 同梱包可能
ログイン すると永続してお気に入りに登録できます
お気に入りに登録

※樹高は根鉢を含まない高さです。測り方や成長により多少の誤差がある場合があります。
お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。
※こちらの商品は6ヵ月枯れ保証対象外です。

2-5日以内に発送予定(土日祝除く)

この商品をシェアする

タイプ
落葉 宿根草

属性
キク科

耐性
栽培:北海道∼九州

植え付け目安
アクセントとして単独で植えるか、列植する場合は1.0m以上離す。

特徴
糸と針を合わせたような、細くやわらかな美しい花と葉を楽しめる植物で、蝶が良く集まるといわれています。よくアザミのような花と揶揄される他のベルノニアよりもより細く繊細な印象です。生長すると、上に伸びるように背丈が2m程度になることもあります。梅雨頃に、高さ50cm程度のところで切り戻すと、花の高さをそろえることができ見事な開花を楽しめます。冬は、落葉しドライフラワーのような趣が楽しめるのも魅力の一つです。

鑑賞時期
花:7月∼9月

日照条件
日向∼半日陰

商品の状態
苗の大きさ:生き物の為、一年を通して大きさが変化します。
ポットの大きさ:片手で持てる程度。
その他:秋から冬場は、剪定をした状態ものや、寒さで葉が落ちたり、枯れたような状態でお届けする場合がありますが、品質に問題ありませんので、そのまま植え付けてください。春以降元気に生長します。

育てやすさ
初心者向きで育てやすい

最終樹高
高さ:2.0m
幅:1.5m(徐々に生長していく)
生長の速度:普通(30cm程度/年)

植え付け環境
庭植え
鉢植え

育てるポイント
  • 植え付け後は基本、放任でも美しく育つ。
  • 水やりは基本に雨に任せる。夏場で乾燥が続いた場合は、朝か夕方にたっぷりと与える。2年目以降は水やりの必要はない。(庭植えのみ)
  • 伸びすぎたとき位は、お好みの長さに切り詰めることができます。
  • 梅雨時期に低い位置で切りそろえると、夏に高さの揃った花を楽しむことができる。


地域別の配送料は下記の表をご確認ください。

※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。

※万が一、商品到着が希望日の夕方でも大丈夫なよう、植え込みの前日受け取りにするなどの植え付けのスケジュールをお願いします。

送料表を見る
地域 送料
北海道 北海道 2,510 円
東北 青森県 2,000 円
岩手県 2,000 円
宮城県 1,940 円
秋田県 2,000 円
山形県 1,940 円
福島県 1,940 円
関東 茨城県 1,860 円
栃木県 1,860 円
群馬県 1,860 円
埼玉県 1,860 円
千葉県 1,860 円
東京都 1,860 円
神奈川県 1,860 円
中部 新潟県 1,910 円
富山県 1,900 円
石川県 1,900 円
福井県 1,900 円
山梨県 1,860 円
長野県 1,910 円
岐阜県 1,920 円
静岡県 1,920 円
愛知県 1,920 円
近畿 三重県 1,920 円
滋賀県 1,870 円
京都府 1,870 円
大阪府 1,870 円
兵庫県 1,870 円
奈良県 1,870 円
和歌山県 1,870 円
中国 鳥取県 2,190 円
島根県 2,190 円
岡山県 2,190 円
広島県 2,190 円
山口県 2,190 円
四国 徳島県 2,150 円
香川県 2,150 円
愛媛県 2,150 円
高知県 2,150 円
九州 福岡県 2,340 円
佐賀県 2,340 円
長崎県 2,340 円
熊本県 2,490 円
大分県 2,340 円
宮崎県 2,490 円
鹿児島県 2,490 円
沖縄 沖縄県 10,000 円
植え付け環境
水持ちのよい肥沃な土壌が望ましいですが、ある程度どんな環境でも育ちます。
土壌改良剤を土と混ぜてお使いいただくと効果的です。
ポット苗専用土壌改良剤、グリーンロケットの土「優」もおすすめです。

肥料
特に必要ない。生育が悪いようであれば、化成肥料を少しずつ与える。

水やり
  • 基本植え付け後は水やりの必要はなく雨に任せて良い。
  • もし2週間程度雨が降らない場合はたっぷりと水やりを行う。
  • 冬場は基本、水やりをしなくても良い。

その他剪定方法・消毒など
  • 特に管理は必要ありません。梅雨時期に低い位置で切りそろえると、夏に高さの揃った花を楽しむことができ、花期後も、切り戻すと秋まで花を楽しむことができる。