苗の状態:7月撮影
苗の状態:7月撮影
花
葉(7月)
葉(7月)
花(8月)
花(8月)
12月7日撮影
12月7日撮影
ポット苗の植付け3ステップ
ポット苗の植付け3ステップ

フイリヤブラン 高さ20㎝程度 ポット直径10.5cm
商品番号 fuiriyaburan

1ポット

440 円 (税込)
送料 同梱包可能
6ヶ月枯れ保証 クレカOK

3ポット

957 円 (税込)
送料 同梱包可能
6ヶ月枯れ保証 クレカOK

10ポット

2,860 円 (税込)
送料 同梱包可能
6ヶ月枯れ保証 クレカOK

20ポット

5,500 円 (税込)
送料 同梱包不可
6ヶ月枯れ保証 クレカOK

※時期により植物の大きさが写真と異なります。予めご了承ください。
植物には個体差がありますので誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。

ログイン すると永続してお気に入りに登録できます
お気に入りに登録

1-2日以内に発送予定(土日祝除く)

タイプ
常緑 多年草

属性
ユリ科 ヤブラン属 斑入りヤブラン

植栽可能地域
南北海道∼九州

植え付け目安
葉色がきれいなので他の植物との寄せ植えでアクセントにしたり、花壇の縁取りや、敷き詰めても美しい。植え付けは20cm間隔(1平方メートルに25ポット)がおすすめです。

特徴
ヤブランの斑入り品種でパーフェクトプランツと呼ばれるほど、美しい植物です。斑入りの葉がお庭を明るくしてくれます。紫色の花は蕾の時から存在感があり美しいです。大株になると多数の花穂をつけ見ごたえが出ます。

鑑賞時期
花:8月∼10月頃

日照条件
日向∼半日向

商品の状態
苗の大きさ:生き物のため、1年を通して苗の大きさが変わりますが、その時期で成長のよい状態のものをお送りします。
ポットの大きさ:片手に収まる程度の大きさ。
その他:おなじ時期でも個体差によって樹形などは異なりますが同品質のものをお選びしてお送りいたします。寒さにあたると、葉色が少し茶色くなります。冬場は葉の状態が少し枯れたようなものが届く場合もありますが、植物の特性で問題ありません。春には美しい葉が伸びてきます。

育てやすさ
初心者向きで育てやすい

最終樹高
高さ:1m程度
幅:1m程度
成長の早さ:遅い(年/10cm程度)

植え付け環境
庭植え
鉢植え

育てるポイント
  • 植え付け後は放っておいても問題ない。
  • 丈夫で虫や病気がつきにくい。
  • 水やりは、庭植えの場合、真夏は3日に1回、涼しい時間にたっぷりと与える。それ以外の季節は、基本雨に任せる。鉢植えの場合はほぼ毎日。
  • 手間がほとんどかからない



同梱包について
同一商品:最大20ポットまで

※他のグランドカバー商品と同梱包も可能です(一部を除く)。カート内にて配送地域を選ぶと、同梱包可能な商品同士は自動的に最大数まで同梱包にて計算されます。


地域別の配送料は下記の表をご確認ください。

※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。

送料表を見る
地域 送料
北海道 北海道 1,255 円
東北 青森県 1,000 円
岩手県 1,000 円
宮城県 900 円
秋田県 1,000 円
山形県 900 円
福島県 9,900 円
関東 茨城県 900 円
栃木県 900 円
群馬県 900 円
埼玉県 900 円
千葉県 900 円
東京都 900 円
神奈川県 900 円
中部 新潟県 900 円
富山県 900 円
石川県 900 円
福井県 900 円
山梨県 900 円
長野県 900 円
岐阜県 900 円
静岡県 900 円
愛知県 900 円
近畿 三重県 900 円
滋賀県 1,000 円
京都府 1,000 円
大阪府 1,000 円
兵庫県 1,000 円
奈良県 1,000 円
和歌山県 1,000 円
中国 鳥取県 1,200 円
島根県 1,200 円
岡山県 1,200 円
広島県 1,200 円
山口県 1,200 円
四国 徳島県 1,300 円
香川県 1,300 円
愛媛県 1,300 円
高知県 1,300 円
九州 福岡県 1,255 円
佐賀県 1,255 円
長崎県 1,255 円
熊本県 1,255 円
大分県 1,255 円
宮崎県 1,255 円
鹿児島県 1,255 円
沖縄 沖縄県 2,200 円
植え付け環境
水はけのよい肥沃な土壌が望ましいですが、丈夫ですので比較的どんな環境でも育ちます。
培養土は、こだわりのポット苗専用土グリーンロケットの土「優」がおすすめです。
日当たりの良い環境のほうが葉の艶が良くなります。

肥料
なくても良い。

植え付け時期
一年を通して可能。寒冷地で土が凍るような時期は避けたほうが良い。

害虫・消毒など
病害虫はほとんどつきません。初心者の方でも簡単に育てることができます。

剪定方法
  • 新芽の伸びる3月頃に古い葉を根元から切って更新すると1年を通して美しい葉を楽しめます。
  • 病害虫は特につきません。